« スノーキャンドル2012inモエレ その2 | トップページ | またまた釧路へ »

2011年に読んだ本

昨年、どんな本を読んだのか少し整理してみたいと思います。

順番は呼んだ順ではなく、作家さんごとにとりあえず書いていきたいと思います。

なんといっても昨年も楽しませてくれたのは

『東野圭吾』

1、ダイイング・アイ

2、あの頃の誰か

3、ブルータスの心臓

4、麒麟の翼

5、真夏の方程式

6、マスカレード・ホテル

  *麒麟の翼の映画も面白そうですね。

この方の本も奥深さに脱帽です。今までの本とのつながりがすごい。

『海堂尊』

 8、ナニワ・モンスター

9、極北ラプソディ

2011年本屋大賞第1位これも読みました。

『東川篤哉』

 10、謎解きはディナーのあとで

永遠の0で好きになりました。

『百田尚樹』

 11、12、錨を上げよ(上・下巻)

今ドラマやってるストロベリーナイトもこの方の作品です。

『誉田哲也』

 13、武士道セブンティーン

プリンセス・トヨトミではまりました。映画も見たい。

『万城目学』

 14、鹿男あをによし

 15、鴨川ホルモー

 16、ホルモー六景

 17、プリンセス・トヨトミ

大泉洋の映画はヒットしてますね。幸せのパンも北海道を舞台にした映画で

面白そう。

『東直己』

 18、探偵はバーにいる

 19、バーにかかってきた電話

 20、半端者

これまた良い話でした。映画も見てみたい。

『さだまさし』

 21、アントキノイノチ

これも映画になったものです。予想以上に面白かった。

『三浦しをん』

 22、もほろ駅前多田便利軒

これもいい話でした。続編を早く読みたい。文庫化待ってます。

『夏川草介』

 23、神様のカルテ

映画もDVDでみました。子どもも楽しめるいい作品でした。

『荒木源』

 24、ちょんまげぷりん 

 25、ちょんまげぷりん2

これはテレビでドラマ化されました。素敵な話です。

『平野国美』

 26、看取りの医者

マンガでも人気になりましたね。

『新田次郎』

 27,28、孤高の人(上・下巻)

読みやすく人生において大事なメッセージがたくさんまとめてありました。

『須藤元気』

 29、風の谷のあの人と結婚する方法

この他、ビジネス書も読んだのがあるので、だいたい30冊でした。

昨年は後半は経費削減ということで、古本もいくつか買いました。

amazonで状態のいいものを買いましたが単行本であれば500円は安く買えました。

物によっては半額とか人気度などにもよるのでしょうが、結構良かったと自分は思います。

皆さんなんかお勧めの本ありますか?

2011年マイベストは総合的に考えるとプリンセス・トヨトミが一番よかったかな。

 

 

|

« スノーキャンドル2012inモエレ その2 | トップページ | またまた釧路へ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564229/53832627

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年に読んだ本:

» 「あの頃の誰か」東野圭吾 [粋な提案]
メッシー、アッシー、ミツグ君、長方形の箱のような携帯電話、クリスマスイブのホテル争奪戦。あの頃、誰もが騒がしくも華やかな好景気に躍っていました。時が経ち、歳を取った今こそ振り返ってみませんか。東...... [続きを読む]

受信: 2012年1月27日 (金) 18時14分

« スノーキャンドル2012inモエレ その2 | トップページ | またまた釧路へ »